« 都市論なんて早すぎる | トップページ | ウェブ2.0には興味が無いです »

2006年7月26日 (水)

想像力を殺したのは誰か

NHKスペシャルの『working poor』を見た
番組の中には35歳でコンビニのゴミ箱から雑誌を拾い集め
かっぷ焼きそば、などを、食べながら生活している男性などが登場した

『格差社会』と言われて久しい、
色々な原因が人々の間で論じられている、

政府は有効な手段を打てないどころか
『格差があって何が悪い』という態度でいなおっている

誤解しないで欲しいのは
私は『格差社会が駄目だ』という事を言おうとしているのではない
私が言おうとしているのは

『格差社会とは何か?』ということを真剣に考えようとしている人が
どれくらいいるだろうか?ということである

格差社会の原因は何か?
その根本的な原因を突き止めなければ
この問題は解決しない

+++++++++++++++++++++++++++++++++

私は思う

日本は急激に成長し過ぎたのだ。
他の国と『格差』をつけすぎたのだ。

明治維新の頃から醸成されてきた
「自主独立」の精神は

敗戦で焼け野原をみた後も
燃え上がり続け

欧米においつけ、おいこせ、で、
ついに、Japan as No 1になってしまった

そんな時代の日本人を作ったのが
『パッチワーク式勉強方法』である

学ぶことは真似ること

そこから日本人はオリジナルな
考え方を生み出してきた

豊かになるために
それだけを夢見て

豊かになった今
『パッチワーク式勉強方法』が
役に立たなくなっている

学ぶ事は真似されないこと

インターネットによって24時間
世界中であらゆる新しい事業、アイディアがとびかい
顧客は世界中からそれらを求めてお金を動かす

そんな世界になった今
パッチワーク式勉強方法は必要なくなってきていると思う

定期テストのために、暗記を繰り返す
英単語の発音記号の暗記を繰り返す
小説における筆者の解釈の暗記を繰り返す

記憶力を鍛える勉強方法はもはや役に立たないのだ
「使える記憶力」を鍛える勉強方法にしないかぎり
これからの時代にはついていけない

そのためには論理的な思考力
因果関係をつかむ力 など

日本人が苦手であった分野にこれから
私たちは手を出さなくてはいけないだろう

|

« 都市論なんて早すぎる | トップページ | ウェブ2.0には興味が無いです »

コメント

ども、あやっぺです。ども。
blogリニューアルしました。
別の私も見てくださいませ。

投稿: pepe | 2006年8月 2日 (水) 21時23分

あやっぺさん>

ありがとうございますー。
みましたよー。
すごいですね。
色々やられてますねー。

投稿: かつや | 2006年8月 5日 (土) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124650/2806500

この記事へのトラックバック一覧です: 想像力を殺したのは誰か:

« 都市論なんて早すぎる | トップページ | ウェブ2.0には興味が無いです »