« 教育業界は人材レベルが低い | トップページ | 教師が生徒に伝えたかったこと »

2006年9月30日 (土)

小論文は指導できない

おかげさまで大学受験生の現代文・小論文
を担当させていただいて4年になります

そこで色々な生徒と接しているうちに
気づいてきた事があります

要するに、大切な事は

生徒が何に興味があって何を考えるのが好きなのか?
そして、これから何をやろうとしているのか?

このポイントをぶれずに把握する事が
講師の最大の仕事だろうな、と思います

このポイントを講師が把握せずに
「知識や」「書き方」ばかりを生徒に詰め込んだとしても
生徒はイヤイヤ小論文を書こうとするため、
なかなか良いアイディアが浮かびません
良いアイディアが浮かばないと
相手を説得させるような論理展開も立てられません

考えても見てください
「自分が訴えたい想い」があるからこそ
『こうやって伝えたらいいかな、いや
 こうやって伝えたほうがいいぞ』
と、生徒自ら試行錯誤するのです

これが、生徒自身が考えていないアイディアなら
どうやって相手にわかりやすく伝えたらいいか?
なんてことは考えるはずがないのです

ですから、私は基本的に
お手本から小論文の書き方を学ぶ
というようなことはあまりやらせません

そのような小論文の授業に慣れてしまった生徒は
しまいには講師の意見を書くことになり、
試験の本番で何も思い浮かばず、
『ありきたりな文章しか書けない』という事になってしまいます

先生が直した真っ赤にした。添削された小論文を
生徒が機械のように書き直ししたところで

試験の本番に自らのアイディア、
根拠のある具体例がひらめくような力を
生徒が身につけるはずがありません

ただ、ここで間違えないでほしいのは
論理展開、主語、述語、文法、そのような事が
大切ではないと言っているのではありません
それも大切、それも大切なのです
ただ、それと、+α、
講師がしてあげなくてはいけない事があると思うのです

それでは、私たち講師がしてあげなくては
いけないことってなんでしょう?

つづく

|

« 教育業界は人材レベルが低い | トップページ | 教師が生徒に伝えたかったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124650/3635979

この記事へのトラックバック一覧です: 小論文は指導できない:

« 教育業界は人材レベルが低い | トップページ | 教師が生徒に伝えたかったこと »