« 何故、自殺するのか? | トップページ | 家計簿 »

2006年10月24日 (火)

しかる。ほめる。技術。

人に面とむかって文句を言わなくてはいけない時は誰にでも訪れる
それをしないとより深い人間関係には決してなれない

ただ、「文句を言う」「相手の悪いところを指摘する」
これが得意な人は誰もいない

しかし、これが、得意な人には
何か共通しているところがあるように最近感じるのだ

おそらくそれは、ある習慣を持っているか
持っていないかの違いではないかと最近思っている

その習慣とは「罪を憎んで人を憎まず」の姿勢ではないだろうか
人と物を分けて考える姿勢、これが出来る人は
「悪い意味で」人をみかけで判断したりしない

あなたが悪いのではなくて。あなたが「○○をやらなかった」
その行為を悪いと指摘してあげる。

これがうまくできるかどうかがポイントとなってくる

さらにこれは相手を褒める時にも応用できる
親が子どもを褒めるとき

人格を褒めるよりも
やった「行為」を褒めるようにしてみてはどうだろう?

人格を褒め続けると子どもは確実に「甘える」
そして人格の承認なしでは物事をやらなくなってしまう
がんばらなくなってしまう

そういう子は傷つきやすくなる

「すごいね、あなたが凄いからこれが出来たね」
と褒める前に
「すごいね、こういう事を出来たあなたはすごいね」

と褒める工夫をしてみてはどうか

|

« 何故、自殺するのか? | トップページ | 家計簿 »

コメント

初めてコメントします。
なんだかとっても納得してしまいました。
コノ技術、とてもとても大事なものですね。
批判的に物事を見るのが苦手で、
悪いところを見ても自分が気にしなければって思っていました。
でも、相手を思うなら、教えてあげるべきですよね。
このような目線でみれば、指摘するのも、ほめるのも、キモチが楽になりそうです。

投稿: ひなこ | 2006年12月27日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124650/3938343

この記事へのトラックバック一覧です: しかる。ほめる。技術。:

» abbigliamento vela [abbigliamento vela]
appartamento affitto croazia agriturismo bracciano aforisma frase d amore [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 08時39分

« 何故、自殺するのか? | トップページ | 家計簿 »