« 興味が変化した | トップページ | しかる。ほめる。技術。 »

2006年10月17日 (火)

何故、自殺するのか?

福岡県筑前町立三輪中で
中学2年の男子生徒が自殺した

マスコミは「自殺を隠蔽した学校の体質」
を批判し、教育委員会などにもその矛先を向けている

自殺した生徒は成績も優秀で
町の人々にもとても評判が良かったらしい

そんな生徒が何故?
多くの大人たちは思うのかもしれない

私から言わせてもらえば
そんな生徒だから苛められるのだ

これは別に「苛められたほうが悪い」と
言っているわけではない、私はむしろ危機感を覚えている

エリート生徒、優しい生徒、そんな生徒達は
そうではない生徒よりも、傷つきやすく、脆い、

小さい頃から、親の期待にこたえようと、
先生の期待にこたえようとしてきた彼らの自我意識は

驚くほどに脆い

彼らは頭がいいから「命の大切さ」「弱い物を守ることの大切さ」
を教えたとしても、要領よく理解し、それを実行してくれる

ただ、大人たちは気づいていない
彼らが、それを実行するのは

大人たちが彼らを「褒める」
クラスの人々が彼らを「褒める」
という「承認行為」と引き換えに行われているのだ

だから、ひとたびこの承認行為が崩れてしまえば
彼らは驚くほどに「脆さ」を露呈してしまう

「いじめ」を防ぐことも大切だが
「いじめ」で何故「自殺にまでいたってしまうのか?」

という議論が抜け落ちている気がする

「あれだけ苛められたら誰だって死んでしまうわ」
そういう論調の前に

もう少しだけ冷静に
「何故、自殺してしまうのか?」

ということを掘り下げて考えてみても良いと思う

本当の意味で優しくて
周りの事を考えている人ならば

親を残して死んでしまうということは
ありえないと私は思う

|

« 興味が変化した | トップページ | しかる。ほめる。技術。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124650/3836784

この記事へのトラックバック一覧です: 何故、自殺するのか?:

« 興味が変化した | トップページ | しかる。ほめる。技術。 »