2006年8月 8日 (火)

悪魔のでもなんでもない

悪魔の文章術 Book 悪魔の文章術

著者:樋口 裕一
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白い
悪魔の文章術でもなんでもない
これからの時代には当たり前に
なるであろう文章マナー、
話し方にも応用できると思う

これからの時代、シンプルに
解りやすく、相手の気分を損ねないように
情報を発信する技術ってのは大切になってくる

何故って
情報が溢れているから
自分の文章を読んでもらいたければ
自分の言葉を受け入れてもらいたければ

シンプルに
解りやすく
差別化された表現

が必要になってくる

情報の時代から
ストーリーの時代へ

シンプルで
解りやすく
差別化された言葉だけに

人々はストーリーを
感じるようになってきている

大量に押し寄せる情報の中で
ふと、シンプルで平坦なメッセージに出会う時

脳みその思考回路の緊張はとけ
そこでは、自らの思考回路を動かすための

気力がわく

物から情報へ
情報から印象へ
情報からストーリーへ
ストーリーから感覚へ

時代は流れている

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月14日 (金)

東京花嫁

東京花嫁 Book 東京花嫁

著者:島内 浩一郎
販売元:アシェット婦人画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

熱い夏、じめじめした梅雨にはもってこいの写真集。

あくまでも東京の街の中での花嫁の写真。とこだわった

写真集。何が良いって表情が良い、こんなに女性は

ナチュラルに笑えるものかと、驚いた。新鮮な驚き。

そして、その、自然な笑顔の女性を囲む、二人の家族達、

彼らの笑顔もまた自然でまぶしい、そして、その彼らをつつむ

「いつもの」町並み、そう、彼らにとってそこは「いつもの町並み」

結婚するということは、街に認められ、社会に認められることなんだな、

と、そして、それは、物凄くタイヘンなことだけど、それが、うまくいって

めでたく結婚できると、こんな、良い自然な笑顔が出るんだなぁ、と、

実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 7日 (金)

話す力はいらない

うまく喋れるためにはどうしたら良いか?
うまく自分を表現するためにはどうしたら良いか?
という本は沢山みかけるが、

絶妙な話し方の技術 Book 絶妙な話し方の技術

著者:橋川 硬児
販売元:明日香出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うまく相手の話を聞くにはどうしたら良いか?
という本はあまりみかけない

outputにばかり興味を持つ人が多いが
経済の流れが、大きく、顧客主義になっている以上、
相手の話を聞く能力が求められているのは言うまでもない

これからは、喋れる人が勝つのではない
喋りを引き出せる人が勝つ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき